ばんえい競馬、ホッカイドウ競馬、名古屋競馬、金沢競馬
佐賀 今月の放送スケジュール
開催日 放送時間 番組名 Ch 番組情報
12月04日(土) 13:50 ~ 20:55 佐賀 702 IPAT HD
12月05日(日) 13:50 ~ 20:55 佐賀【第4回ウインターチャンピオン】 702 重賞 IPAT 無料 HD
12月11日(土) 14:30 ~ 20:55 佐賀 702 IPAT HD
12月18日(土) 13:45 ~ 20:55 佐賀 702 IPAT HD
12月19日(日) 13:40 ~ 20:55 佐賀 702 IPAT HD
12月25日(土) 13:25 ~ 21:00 佐賀 702 IPAT 無料 HD
12月26日(日) 13:45 ~ 21:00 佐賀【第37回中島記念】 702 重賞 IPAT 無料 HD

おすすめ番組

無料放送!

第21回 兵庫ゴールドトロフィーJpnⅢ/園田競馬場

ダート短距離界のトップホースが集結!
12/22(水)701ch

12:00~19:00

全レースを無料放送します


兵庫競馬で開催される唯一の古馬によるダートグレード競走となります。

3歳以上、ダート1400Mで競われ、原則JRA所属馬4頭、兵庫所属馬4頭、他地方所属馬4頭によるハンデ戦になります。
昨年は、1番人気のラプタス(JRA)がスタートで出遅れ、ベストマッチョ(川崎)がハナを切り、2番手外にゴールドクイーン(JRA)、内にサロルン(船橋)が続く展開となります。

向正面に入り、中団勢の中から、サクセスエナジー(JRA)が内から、外からはラプタスが追い上げを開始します。

最後の直線では逃げるベストマッチョ(森泰斗騎手)をサクセスエナジー(松山弘平騎手)が最内から猛追し、2頭並んでゴールしますが、4センチ差でサクセスエナジーが優勝しました。

ラプタス(幸英明騎手)はクビ差の3着でした。


★兵庫ゴールドトロフィーの出走予定馬は12月6日(月)に公開予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/2021/1222_hyogogoldtrophy/racecard.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨年の優勝馬:サクセスエナジー
写真提供:兵庫県競馬組合

 

 

 


無料放送!

第21回 名古屋グランプリJpnⅡ/名古屋競馬場

今年の最強ダートステイヤーはどの馬だ!
12/23(木)702ch

10:00~17:00

全レースを無料放送します

 


本レースは現在開催されているダートグレード競走、最長距離のダート2500Mで競われます。

3歳以上、原則JRA所属馬5頭、東海地区(名古屋、笠松)所属馬3頭、他地方所属馬4頭となっています。
昨年は、ダイシンインディ(JRA)が先手を取り、2番手にシンボ(北海道)、3番手にキーグラウンド(名古屋)、マスターフェンサーとロードゴラット(共にJRA)の人気2頭がその後に付ける展開でレースは進みます。

2周目の3コーナー手前では、ダイシンインディ(岩田康誠騎手)が2番手以降に3馬身差を付けるも、最後の直線でマスターフェンサー(川田将雅騎手)が交わし、追い上げてきたロードゴラッソ(ルメール騎手)に2馬身差を付けて優勝しました。

マスターフェンサーはマーキュリーカップ、白山大賞典に続き、ダートグレード競走3連勝を飾りました。
地方勢では船橋のサウンドトゥルー(森泰斗騎手)の4着が最高位でした。


★名古屋グランプリ出走予定馬は12月6日(月)に公開予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/2021/1223_nagoyagrandprix/introduction.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の優勝馬:マスターフェンサー
写真提供:愛知県競馬組合

 

 


岩手競馬の隠れた出世レース
第20回 寒菊賞/水沢競馬場

12/14(火)702ch

9:50~16:30

 

岩手競馬所属2歳馬限定を条件に、ダート1600Mで開催される重賞競走です。
優勝馬には翌年の金杯への優先出走権が付与されます。
2012年から重賞に格上げされてからの優勝馬を見ると、2017年度の岩手競馬の年度代表馬に選出されたラブバレット、中央の準オープンまで上り詰めたイチダイ、2018年度の岩手競馬の年度代表馬に選出されたチャイヤプーン等、名馬が名を連ねています。
昨年は、リュウノシンゲンがグランフォロミーに1馬身の差を付けて優勝し、その後(本レースを含め)重賞を5連勝し、2020年度の岩手競馬、最優秀2歳馬に選出されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の優勝馬:リュウノシンゲン
写真提供:岩手県競馬組合