オススメ番組

無料放送!

第41回 白山大賞典JpnⅢ/金沢競馬場

今年度のJBC競走を占う意味で重要なレース!

9/22(水)702ch 10:00~17:15

全レースを無料放送します

 

今年度のJBC競走が開催される金沢競馬場で唯一のダートグレード競走です。

本レースは、JBCクラシックと同じ距離(ダート2100m)で行われるため、

全国の有力馬が前哨戦として参戦することが予想されます。
出走馬はフルゲートで12頭立て(原則金沢所属馬3頭、他地方所属馬4頭、JRA所属馬5頭)、

3歳以上のグレード別定戦となります。

中央・地方交流競走に指定された1997年以降、

馬インフルエンザの影響で金沢所属馬だけで開催された2007年を除き、

全てJRA所属馬が優勝しています。

一方、地方所属馬は優勝は無いものの、1998年以降、計9回、2着に入る健闘を見せています。

 

昨年は、吉原寛人騎手騎乗の6番人気のリンノレジェンド(北海道)が好スタートから逃げる展開。

1周目のスタンド前では2番手以下に4~5馬身差を付けるも、

向正面でロードレガリス(JRA、武豊騎手)が、

更に4コーナーではマスターフェンサー(JRA、川田将雅騎手)の人気上位2頭が猛追。

直線では2頭の一騎打ちとなり、最後はマスターフェンサーがアタマ差でロードレガリスを抑え

一番人気、二番人気馬での決着となりました。
リンノレジェンドは地方勢最高位の5着となっています。

 

★白山大賞典の出走予定馬は9月6日(月)に公開予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/2021/0922_hakusandaishoten/introduction.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の優勝馬:マスターフェンサー
写真提供:石川県競馬事業局

 

 

 

 

 

 


無料放送!

第34回 マイルチャンピオンシップ南部杯JpnⅠ/盛岡競馬場

JBC競走やチャンピオンズカップを見据え、全国から実力マイラーが集結!
10/11(月)701ch 11:00~19:00

全レースを無料放送します

 

本レースはJBC競走のトライアルレースとなっており、

優勝馬には11/3に金沢競馬場で開催される、

JBCクラシックとJBCスプリントへの優先出走権が付与されます。
盛岡競馬場ダート1600M、3歳以上、16頭立て(原則、JRA所属7頭、岩手所属4頭、他地方所属5頭)

となっています。

JRA所属馬の出走が可能になった1995年以降の戦績は、

JRA所属馬の優勝が24回、地方所属馬の優勝が2回となっています。

1回目は1998年のメイセイオペラ、

2回目は2002年のトーホウエンペラーと共に地元岩手所属馬が勝利をあげています。
昨年のレースは、JRAからGⅠ馬含め7頭の実力馬(サンライズノヴァ、モズアスコット、

ゴールドドリーム、ワイドファラオ、インティ、アルクトス、ワンダーリーデル)が参戦。

結果は田邊裕信騎手騎乗のアルクトス(JRA)が、

クビ差で横山武史騎手騎乗のモズアスコットを抑え優勝。

勝ちタイム1分32秒7はダート1600Mの日本レコードとなりました

3着には繁田健一騎手騎乗のモジアナフレイバー(大井)が入りました。

 

★マイルチャンピオンシップ南部杯の出走予定馬は9月27日(月)に公開予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/2021/1011_milechampionshipnambuhai/introduction.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の優勝馬:アルクトス
写真提供:岩手県競馬組合

 

 

 

 

 


無料放送!

第24回 エーデルワイス賞JpnⅢ/門別競馬場

2歳馬路線のダートグレード競走の開幕。まずは牝馬達の熱い走りに注目!
10/14(木)701ch 14:00~21:10

全レースを無料放送します

 

本レースは1998年に国内唯一の2歳牝馬限定のダートグレード競走として創設されました。

これまで23回の開催中、地方所属馬の優勝が13回とJRA勢を上回っています。
門別競馬場ダート1200Mで開催。

16頭立て(原則JRA所属馬4頭、北海道所属馬8頭、他地方所属馬4頭)となっています。

レース名のエーデルワイスは春に花を咲かせる高山植物。

若い牝馬達の今後に繋がるような走りに期待です。

 

昨年は、田邊裕信騎手騎乗のマウンテンムスメ(JRA)がハナを切り、

直ぐ後を桑村真明騎手騎乗のマーサマイディアと、

阿部龍騎手騎乗のソロユニットの北海道所属の2頭が続く展開。

残り600Mを過ぎ、マーサマイディアとソロユニットの2頭が先頭に立ち、

最後の直線でソロユニットが抜け出すと後続を引き離し、セーフティーリードを保ったままゴール。

4馬身差の2着には、岩田康誠騎手騎乗のミコブラック(JRA)、3着にはマーサマイディアが入りました。

 

★エーデルワイス賞の出走予定馬は9月27日(月)に公開予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.keiba.go.jp/dirtgraderace/2021/1014_edelweisssho/introduction.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の優勝馬:ソロユニット
写真提供:ホッカイドウ競馬

 

 

 

 


グランダム・ジャパン2021古馬シーズン!

 

全国各地で繰り広げられる、世代別牝馬重賞シリーズ「グランダム・ジャパン」。
「グランダム」とはフランス語の「GRANDE(偉大な)」と「DAME(婦人)」を合わせた造語です。
今年度の古馬シーズンは、最終戦の10/7のレディスプレリュードJpnⅢ/大井まで、全9戦。

競走成績による獲得ポイントで古馬女王の座を争います。

 

地方競馬ナインでは、全9戦中6戦を放送します。
第1戦 5/23(日)佐賀ヴィーナスカップ/佐賀 終了
      優勝馬:ロカマドール(川崎)
第2戦 7/8(木)スパーキングレディーカップJpnⅢ/川崎 終了

      優勝馬:サルサディオーネ(大井)
第3戦 7/20(火)ノースクイーンカップ/門別 終了
      優勝馬:コーラルツッキー(川崎)

第4戦 7/23(祝金)兵庫サマークイーン賞/園田 終了 
      優勝馬:シーアフェアリー(名古屋)
第5戦 8/10(火)読売レディス杯/金沢 開催取り止め

 

第6戦 8/12(木)ブリーダーズゴールドカップJpnⅢ/門別 終了
      優勝馬:マルシュロレーヌ
第7戦 8/29(日)ビューチフルドリーマーカップ/盛岡  終了
      優勝馬:ラインカリーナ(浦和)

第8戦 9/2(木)秋桜賞/名古屋 終了
      優勝馬:グランデストラーダ(大井)
第9戦 10/7(木)レディスプレリュードJpnⅡ/大井

 

※放送時間は変更になることがあります。